Biography

尾崎倫 | Rin Ozaki

尾崎倫

 マリンバ・打楽器奏者。

 1996年ドイツ・シュトゥットゥガルトで開催された第1回世界マリンバコンクールでのラジオ・ブロードキャスト・ファイナルコンサートに招待される。
  1997年桐朋学園音楽大学卒業後渡米。
  1997,1998年韓国にて打楽器アカデミーアンサンブルとの共演。
  1999年第2回世界マリンバコンクールのファイナリスト。
  2000年WBFOにてラジオ出演。
  2003年横須賀芸術劇場主催「フレッシュアーティスツFrom横須賀」のソロリサイタルを横須賀ベイサイド・ポケットにて開く。
  打楽器アンサンブル、現代音楽アンサンブル、オーケストラを含む多数の演奏経験を経て、2003年ニューヨーク州立大学にて打楽器演奏学科修士課程を修了。

 2003年アラン・チャン作曲「Floes for Solo Vibraphone」(PASコンクール作曲部門第2位)をJune In Buffalo現代音楽祭にて世界初演。
  2004年コンピューター音楽作曲家コート・リッピによる「Music for Marimba and Computer」をバッファロー現代美術館にてアメリカ初演。
  トランペット奏者ジョン・ネルソンのCD「Gran Calavera Electrica」をはじめ、「Music for Marimba and Computer」、June In Buffalo OrchestraやSinfonietta、XXI Century Brass Ensembleの「Metalofonico」など数々の著名演奏家やグループとCDレコーディングを行う。

 2005年フランスVillcrozeで開催された音楽アカデミーへ招待され、ファイナルコンサートで演奏、好評を博す。

 2005年PAS主催のイベントDay of Percussion にてマスタークラスとコンサートを行う。

 2007年韓国でのドラムフェスティバルに招待される。

 2007年から2009年までニューヨーク州立大学バッファロー校にてAdjunct Assistant Professor として就任。打楽器科ディレクターとなる。現在アジア、アメリカを中心に、音楽祭での現代曲発表やリサイタル活動の他、レッスンやマスタークラス(講義)など音楽教育方面にも力を入れている。

 マリンバを安倍圭子、ゴードン・スタウト、打楽器を小林美隆、佐野恭一、アンソニー・ミランダに師事。